A:呼び方がちがいますが、同じものです。

A:黒大豆の色素(アントシアニン)が水に流出したためです。
浸漬していた水は捨てずに、そのまま調理をしてください。
製造時に着色等はしておりません。ご安心してお使いください。