「北海道産特別栽培金時」の節減対策農薬の使用状況についてはこちら

 

北海道産特別栽培 金時
農林水産省新ガイドラインによる表示
特別栽培金時豆
節減対象農薬:当地比5割減
化学肥料(窒素成分):当地比5割減
栽培責任者
住 所
連絡先
確認責任者
住 所
連絡先
久保島順一
北海道上川郡清水町字熊牛78-26
090-1644-0323
株式会社カネマル
北海道河西郡芽室町北芽室北四線38
0155-62-5149
節減対象農薬の使用状況
 使用資材名  用 途  使用回数
チアメトキサム 消毒  1回
フルミオキサジン 除草  1回
イマザモックス アンモニウム塩 除草  1回
塩基性塩化銅 殺菌  1回
チオファネートメチル 殺菌  1回
メパニピリム 殺菌  1回
シフルトリン 殺虫  2回
ピリペンカルブ 殺菌  1回
化学肥料・化学合成農薬の削減率
項目 慣行栽培 (株)カネマル製品
化学肥料の窒素成分分量 7kg/10a 3kg/10a(削減率57%)
化学合成農薬の成分使用回数 18回 9回(削減率50%)